TVアニメ「Lapis Re:LiGHTs(ラピスリライツ)」ネタバレ感想レビュー

2020年夏アニメ

ラピスリライツあらすじ

舞台は輝砂(きさ)、そしてその結晶体である輝石(きせき)が動力として普及した街・マームケステル。輝砂(きさ)や輝石(きせき)を利用し、呪文やメロディによって魔法を発動させる少女は “魔女”と呼ばれ、歌唱活動や魔獣退治を行い、人々から憧れを集めていた。暁の魔女が創設した魔女見習いが集う学校、フローラ女学院。立派な魔女になることを夢見る少女・ティアラは学院の門を叩く。「私、ぜひともこちらの学院で学ばせていただきたく――えっ!?」

ラピスリライツネタバレ感想レビュー

王女様が、その身分を隠して魔法学校に入学するというお話。

キャラクターは全部女の子なので百合ジャンルです。

単純に言ってしまうと学園魔法物のです……っていうのは実は嘘。

何故かアイドル物になっていく展開になります。
魔法学園物として入ってしまうとがっかりになるので、アイドルもの好きの肩にお勧めです。

もとがアイドルを育てるアプレゲームにあるようなので、話の展開が、LiGHTsアイドルグループ作りステージ展開になっていきます。

赤点で退学になりそうなところを、課外活動を通じてポイントを溜めて退学を回避しようと班員と共に奮闘するのですが、

魔獣討伐隊とかする展開になるのかと思いきや、オルケストラという歌って踊るアイドルでもポイントがもらえるとか……

そこで自分たちもオルケストラになろうという展開になっていきます。

ライブをする事で、観客から魔力を集められるという設定がありますのでまあ理由付けはあります。

ただ、魔女になる事が目的の学園ドラマだったはずなのに、そこにアイドルライブも何故か入ってきて、いったいどっちを見せたいのかと訳わかんなくなってきます。

ネタバレになりますが、第9話では、初のオルケストラながら大成功を収め、退学を回避できるほどのポイントを得たかに思われたのですが、

そこから急展開、充分な魔力を充填できていなかったこととで、なんとLiGHTsの彼女たちの退学となってしまうのです。

主人公ティアラは故王宮からの迎えの馬車きて郷のブリストルへと去ることになり。
メンバーの4人もまた、路頭に迷ってしまうという、学園ドラマどこいったーの展開です。

このあと結局、魔女を目指すことになりますが、魔獣たちが迫っていることが分かり、この脅威から街を守るため理事長の依頼により、

学園祭でオルケストラをする事になるという展開になります。

アイドルライブ系が本来の物なのでしょうが……
CD展開をメインにしたかったのかも

その手のアニメとはちょっと違うんだよ的に入り込んでおいて、そっちを目指したいという、
うーん、かなり中途半端なアニメとなってしまっているのが残念なアニメだと思いました。

ただキャラたちは可愛く、作画も悪くない、また声優さん達も魅力的なので、
可愛い女の子達を見るという点では悪くないと思います。

アイドル曲はとてもいいですね。
CDは売れるんじゃないでしょうか?

アニメ放送データ

志向ジャンル 萌え要素 原作 お色気エロ要素
アイドル異世界 百合キャラ
アプリ? 無し
声優
安齋由香里、久保田梨沙、向井莉生、佐伯伊織、山本瑞稀、星乃葉月、嶺内ともみ、
篠原侑、中山瑶子、本泉莉奈、鈴木亜理沙、大野柚布子、早瀬雪未、広瀬世華、
赤尾ひかる、雨宮夕夏、松田利冴、桜木夕、奥紗瑛子、伊藤はるか、花澤香菜、
南條愛乃、上坂すみれ、佐倉綾音

公式サイト https://www.lapisrelights.com/anime/

見放題 dアニメストア U-NEXT Hulu バンダイチャンネル FOD

 
TOKYO MX 7月4日(土) 22:00〜
BS11 7月4日(土) 22:00〜
ABEMA 7月4日(土) 22:00〜
AT-X 7月6日(月) 21:30〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました