Just Because!(ジャストビコーズ)ネタバレ感想・高三冬のリアルな恋愛アニメおすすめ・大人に青春時代を懐かしんで見てもらいたいアニメです。

Just Because!ネタバレ

アニメ自体が原作なので、コミックやラノベのように知名度はないのですが、大好きなアニメなので紹介します。

スポンサーリンク

Just Because!ネタバレあらすじ

けして派手さも無くコメディーでも無いアニメですが、そこが良いのです。

リアルな高校三年の冬から卒業までの期間なので、その背景自体に一つの終わりの季節の切なさが流れています。

大学受験直前で、勉強に必死な者

就職が決まっているけど進学組が少し羨まし者

推薦入試で大学が決まっている者。

もう授業も登校日もわずかしか無い二学期の終わり

そんな時に転校してくる男子高校生がいます。

実は、地元の中学に通っていたので、その時の同級生もいるのです。

一人は同じ野球部に入っていた相馬陽斗という男子高校生。

もう一人はヒロインの夏目美緒という女の子。

実はこの主人公の転校生の泉瑛太はこの夏目美緒に中学時代から片思いをしていました。

しかし、同時に夏目美緒が中学時代相馬陽斗に片思いをしていて、なかなか告白できずにいたことを知っています。

高校でもまだそのまま告白できずにいることを知るのです。

しかし相馬陽斗は吹奏楽部でいつも野球部の応援に来ていた森川葉月という女の子に片思いをしています。

そして、初回から告白する決意を見せます。

そうもう色々な関係でごちゃごちゃなんですが、けしてドロドロの関係ではなく、もどかしい点はもちろんありますが、卒業まで色々なエピソードを繰り広げます。

夏目の事を好きだけれどその気持ちを隠して、相馬への片思いを歯がゆく思う主人公瑛太

しっかりしているけれど、なかなか気持ちに整理をつけられない夏目

瑛太夏目の恋愛がメインですが、その友達の恋愛や、瑛太に恋してしまう後輩など、

みんなの切ない気持ちが伝わってくるコメディ要素不要の恋愛アニメです。

あまりこの関係の進行を話してしまうとネタバレで面白くないので、

是非身と欲しい自分としてはこれ以上は語りたくありませんが、最後はみなそれぞれ幸せです。

失恋する子もいますし、失恋した要でそうでなかったりする子もいます。

基本ハッピーエンドなので、幸せな気持ちで負われる思います。

1クール12話のアニメで、短い期間(高三の冬)だけをリアルに描くにはちょうど良い話数だと思います。

原作を詰め込んで上手く表現できないアニメが多い中。

アニメそのものが原作なのでしっかりその話で描かれています。

ネタバレ感想レビュー

正直キャラデザインはそんなに可愛いという作画ではありません。

でもそれぞれの行動個性はとても良く描かれていて、とても良いです。

ヒロインの夏目美緒がどんどん可愛く見えていきました。

駅の階段から降りてきたときある人物と出会って、「ダメ」という一言を言うシーンに萌えました。

あー自分の知らないところで、そんな事言ってくれてたんだと主人公にも教えて上げたい気持ちに駆られます。

褒めてばかりですが、ちょっと残念なところがありました。

最後を引っ張りすぎで、大学入学まで持って行ってしまったことです。

まあ主人公を驚かせるという点では、それなんでしょうが……

視聴者は、何故そこまで盛り上げておいて、卒業式で萌えさせてくれなかったのかと消化不良がおきます。

大学入学まで持って行きたかったのなら、最終話は、散々すれ違ったのだから、ハッピーイチャイチャで良かったじゃ無いですか。

だいたい、そこで初めて知るって、かなり無理があるでしょう?

友人達だって、なんで誰もほんとの事言わないの?

それ違和感ありすぎですよ。

それさえ上手く処理されていれば、全完に満点で、名作になったと思うのに、その最後だけが残念です。

ということで、最終話までは最高なので是非見て欲しいです。

もしかすると貴方なら逸れていいという感想になるかも知れませんしね。

個人的忘却

おじさんは高校三年生の時に青春を思い起こしながら、ああ、もう高校生活も終わりなんだな、そんな切ない季節があったことを思いだしながら見ましたよ。

もちろん現役高校生にも見て頂きたいですけれどね。

リアルな点が多いので、あまりに現実に近いと、あー受験だとか、落ちたらどうしようか、とかああ、もう就職だあとか、そっちの方に心がいってしまうので、卒業後の方が良いかもね。

小説もおすすめ

アニメでは描かれない心の描写があるので、小説もおすすめ。

アニメと小説はどちらにも忠実だと思います。

ブルーレイ小説ブルーレイ




公式サイト

「Just Because!」公式サイト
鴨志田一×比村奇石、2人のクリエイターのタッグで贈るオリジナルアニメ制作決定!

公式あらすじ
高校三年の冬。
泉瑛太は父親の仕事の都合で、中学生の途中まで住んでいた街に、季節外れの転校生として帰ってきた。
挨拶に出向いた柏尾川高等学校で瑛太がばったり会ったのは、福岡に引っ越して以降、連絡が途切れてしまっていた中学時代の友人、相馬陽斗。彼はとっくに部活を引退した野球部のグラウンドで、願掛けのためホームランを打とうとバットを振るっていた。最初はぎこちない瑛太と陽斗。
けれど、一打席勝負を通して、仲のよかった中学時代の感覚をふたりは思い出す。
瑛太から見事ホームランを打った陽斗は、告白してくると立ち去っていく。
その際に、瑛太に「夏目いんぞ」とメッセージを残した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました