アニメ「球詠」ネタバレ感想レビュー・女子野球弱スポ根百合だか結構面白いので好き!

「球詠」ネタバレ感想レビュー

スポンサーリンク

球詠あらすじ

簡単に言ってしまうと女子野球漫画です。

基本全員女子キャラなので百合アニメジャンルではありますが、

百合アニメがあまり得意でない私も楽しく全話拝聴しました。

少年野球漫画「おおふり」ほどではありませんが理にかなった(そこはあまり突っ込まないで)戦略で野球をしますので、結構理不尽ではなく、野球アニメとしても見られます

否定する人もいるみたいですが、私はシーズン2も見てみたいです。

埼玉県、新越谷高校。この春入学した武田詠深(たけだ・よみ)は、そこで幼なじみの山崎珠姫(やまざき・たまき)に再会する。中学時代、受け止められるキャッチャーがいないために鋭く変化する「魔球」を投げられず、野球への気持ちをあきらめかけていた詠深。だが、強豪チームで実力を磨いていた珠姫は、詠深の変化球を受け止めることができた。幼い頃の約束を果たし、再びめぐり逢った二人は、クラスメイトの川口姉妹や仲間たちと共に停部中の野球部を復活させる。目指すは全国!新生・新越谷高校野球部の挑戦がここから始まる――。

球詠 ネタバレ感想レビュー

埼玉県人の私には、越谷とか実在の地名が出てくるので、ちょっと親近感。

主人公は、魔球のような変化球を持つ投手の武田詠深(たけだ・よみ)ちゃん

でも中学ではキャッチャーが取れないので、投げさせてもらえず、いつも負けてばかりだった。

だからもう野球を諦めていました。

おお、これは魔球で活躍する野球漫画の女子版じゃん!

幼いころに、いっょにキャッチボールをしていた友達珠姫が同じ高校にいることが分かります。

実はもうその子も野球をやる気はあまりない状態でしたが、過去に野球で全国に行くレベルのチームの二番手キャッチャーで、

ちょっと遊び程度に、休眠状態の野球部のグランドで、その魔球を投げたら、珠姫ちゃんと取れるのです。

そこに野球好きだけど未経験の双子姉妹(川口 芳乃(かわぐち よしの)川口 息吹(かわぐち いぶき))や、剣道で全国優勝した子や、地方の強豪中学で、高校では全国で戦おうと友達と約束した能力の高い女の子。

それに、グランドだけを維持しながら後輩を待っていた二人の先輩。

二人は最初は自分たちはやるつもりは無かったようですが、たきつけられてもう一度野球を始めます。

以前は強豪であった新越谷高校は、新しいメンバーを迎えて全国を目指すことになります。

監督も女性で、OBで、厳しく指導する事になってきます。

武田詠深(たけだ・よみ)ちゃんの魔球ですが、絶対無敵ではないところもいいです。

多分身体に向かっていくドロップ系なのですが、強打者には打たれる事もあります。

そして大会で勝ち抜くには、ピッチャーが一人では無理だと言うことで、二番手三番手の投手も育てる事になります。

このへんもちゃんと野球になっていて、野球らしい漫画になっているところが良いのです。

他校のライバルたちも可愛くかっこよく描かれています。

シーズン1では、まだ県大会2試合目ぐらいまでのストーリーで、これからどんなふうに勝ていくのか楽しみです。

百合アニメで、バッテリーがそういう関係?見たいですが、
全然それっぽくはないので、百合嫌いな人でも楽しめるのではないかと思います。

自分的には、女子スポーツ、女子部活、ちょっとスポ根アニメです。

アニメデータ

公式サイト:

https://kakushigoto-anime.com/

前田佳織里、天野聡美、野口瑠璃子、橋本鞠衣、永野愛理、北川里奈、富田美憂、宮本侑芽、本泉莉奈、佳村はるか、白城なおさ

ブルーレイ2ブルーレイ1電子コミック3






AT-X、ABCテレビ、メ~テレ、TOKYO MX、KBC九州朝日放送、NCC長崎文化放送にて

第2球「一緒に野球やりましょう」
野球部へ入部届けを提出した詠深たち。同じ1年生の川﨑 稜と藤田 菫もチームに加わるが、不祥事で停部していたため部員がほとんどいないことが発覚。残っていた2年生の岡田 怜と藤原理沙も復帰せず、外部のクラブチームに参加するつもりだという。詠深は強打者の怜に「私の球、打ってみませんか?」と勝負を持ちかける。

第8球「ゼロから」
迎えた県大会の開会日。柳大川越ナインと健闘を誓い合う中、珠姫は中学時代の先輩でバッテリーを組んでいた梁幽館の投手・吉川和美に会い、その様子を見た詠深は吉川と張り合おうとする。影森戦ではエースの詠深を温存し、理沙が先発のマウンドに上がる。エラーもあり先制を許してしまうが、得点したにも関わらず、影森ベンチからは歓声が上がることもなく、不気味な雰囲気を漂わせる。

第11球「これが全国レベル」
梁幽館の堅い守備にことごとく得点を阻まれる新越谷。不運なエラーなども重なり、満塁の場面で打席には中田を迎えるが、ここで新越谷は敬遠を決断する。客席からは非難の声が飛ぶが、詠深は気丈な様子を見せ、全力投球のストレートで切り抜ける。突破口を開けない新越谷と、詠深の球を捉えきれない梁幽館との攻防が続く中、中田の第3打席を迎え─。

第12球「悔いなく投げよう」
リードを広げられた直後、新越谷は怜の3塁打から再び1点差に詰め寄る。その裏、詠深も梁幽館の下位打線を寄せ付けず、試合は1点差のまま、いよいよ最終回に突入する。先頭の珠姫、続く菫がともに出塁する新越谷だが、梁幽館は投手交代を告げ、マウンドにエースの中田が立つ。そして打席に向かった4番の希。仲間への思いを込めて振りぬいた打球の行方は――。

コメント

タイトルとURLをコピーしました